高次脳機能障害

高次脳機能障害の原因は脳血管障害が81.6%と言われています。更に脳外傷が10.0%程度あります。

高次脳機能障害の障害内容は、行動と感情の障害と記憶障害、注意障害と失語症です。

脳腫瘍やてんかんなどから発症するケースもあると言いますが、厚生労働省では脳卒中や交通事故などの、先天的なものではなく起こる脳の損傷のあと、認知機能のさまざまな障害が起こることを高次脳機能障害と定義づけて注意喚起しているようです。

もしも、あなたが そして家族の人たちが交通事故などで高次脳機能障害になってしまったら、どのような点に注意をしなければならないのでしょうか。そこには記憶や言語などにさまざまな症状があらわれることになり、合わせたリハビリテーション治療を目指して頑張って回復を目指していかなければなりません。

時間の問題も注意をしなければなりません。原因となった脳の損傷から年数が経過してしまうことで治療には限界もあると言われています。ですから交通事故に遭ったとき、自分はもしかしたら高次脳機能障害かもという疑う気持ちを持つことも大事なことです。関連情報>>後遺障害(後遺症)とは | 交通事故の慰謝料・弁護士相談ならアディーレ法律事務所

まずはあなた自身が後遺障害の中に高次脳機能障害というものがあり、高次脳機能障害のことを知ることよりスタートしてみましょう。

→脳の損傷の後遺症