高次脳機能障害

高次脳機能障害の原因は脳血管障害が81.6%と言われています。更に脳外傷が10.0%程度あります。高次脳機能障害の障害内容は、行動と感情の障害と記憶障害、注意障害と失語症です。

脳腫瘍やてんかんなどから発症するケースもあると言いますが、厚生労働省では脳卒中や交通事故などの、先天的なものではなく起こる脳の損傷のあと、認知機能のさまざまな障害が起こることを高次脳機能障害と定義づけて注意喚起しているようです。もしも、あなたが そして家族の人たちが交通事故などで高次脳機能障害になってしまったら、どのような点に注意をしなければならないのでしょうか。そこには記憶や言語などにさまざまな症状があらわれることになり、合わせたリハビリテーション治療を目指して頑張って回復を目指していかなければなりません。

時間の問題も注意をしなければなりません。原因となった脳の損傷から年数が経過してしまうことで治療には限界もあると言われています。ですから交通事故に遭ったとき、自分はもしかしたら高次脳機能障害かもという疑う気持ちを持つことも大事なことです。

まずはあなた自身が後遺障害の中に高次脳機能障害というものがあり、高次脳機能障害のことを知ることよりスタートしてみましょう。

脳の損傷の後遺症

交通事故になることで、みなさんには高次脳機能障害になってしまうリスクも抱えているということをしっかり把握・理解していただきたいのです。高次脳機能障害という言葉を私達は日常生活でそれ程聞くという訳ではありませんが、高次脳機能障害で悩んでいる人たちは実際に全国に50万人もいるということです。あなたも交通事故の被害者となり、近い将来高次脳機能障害の仲間入りしてしまうリスクが存在しているのです。

ただし障害者手帳を所持する人は約50%にとどまるという結果報告もあり、まず原因として交通事故に遭ったとしても、高次脳機能という障害を知らないままそのまま我慢して生活を過ごしてしまっていることもあげることが出来ます。そして慎重に診断をしないことにはMRIやCTなどの画像診断を行っても発症の事実を見つけられないケースが一部存在していることも原因のひとつでしょう。

今、交通事故に遭った人たちも、治療・診断に関わる医療機関も、高次脳機能障害というものに対してもっと真剣に向きあう目が必要になって来ます。

高次脳機能障害は、脳の損傷の後遺症と考えることが出来、障害は交通事故などによってももたらされるものです。その原因は脳血管障害が81.6%と言われています

交通事故で障害に遭う

高次脳機能障害という名前を聞いたことがあるでしょうか。交通事故によって受ける様々な障害の種類があり、高次脳機能障害もそのひとつです。

高次脳機能とは、記憶したり、思考したり、学習、判断したり、感情をコントロールしたりする脳による働きのことです。 高次脳機能障害というものは、脳が損傷してしまったことで記憶障害や注意障害・失語症状などがあらわれる病気です

高次脳機能障害になってしまうことで無事日常生活に戻ることが出来脳の損傷による意識障害から目覚めた人たちは見た目回復したかのように見えるものの、記憶・思考・理解・計算・言語・判断・情緒といった認知機能の障害が脳の機能にあらわれてしまうことになります。見た感じはごくごく普通には見えるから尚更に用心しなければならない障害として考えることが出来ます。

完治したかのようなつもりでいても、会話がうまく出来なかったり、新しいことをなかなか覚えることが出来なかったり、更に集中できない、約束が守れないなどの症状が起こり、つまり全うな社会生活を送ることがなかなか出来ない状況となってしまうのです。

本人がそのような症状に気付かないことも多くあり、周囲の人たちはもちろんそのような事態を正しく理解しているはずはなく周囲の人たちは何だか性格が変わってしまったかな程度に思っているのかもしれません。そして以前とは違う性格に周囲の人たちはあなたのことを冷たく突き放してしまうこともあるかもしれません。